投資運用報告

3000円投資生活をきっかけに楽天証券で資産運用した結果(2019年12月度編)

値動きするチャート

こんにちは!ばっさー(@Basa_228)と申します。

すっかり年が明けてしまいましたね・・・笑

全然ブログが更新できておらず、自分でも怠惰の極みであり、猛省しております・・・。

改めまして、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします!

さて、この記事では、本業×副業×投資を軸に生活している私、ばっさーの2019年12月度の投資信託の運用報告をします!

私は楽天証券で投資信託を毎月5万円を積み立てています。(2020年1月積立分より)

楽天証券のメリットはなんといっても手数料が安いことです。

毎月5万円までは楽天カードでの積立が可能で、1%の楽天ポイントが付きます。

投資信託の平均利回りが4~5%ですので、購入のみで1%ポイントが付く(=ポイント再投資で利回りが1%アップと同義です)のは、かなり大きなメリットになります。

まだ楽天証券の口座をお持ちでない方は、今すぐ下記より開設してみてくださいね。

また、楽天証券での投資信託の積立は、楽天カードがお得です。

楽天カードをお持ちでない方は、合わせて発行しておきましょう。

楽天証券以外でも、SBI証券等のネット証券ならどこでも構わないと思います。

SBI証券なら、カードで積立はできないにしても、Tポイントで株や投資信託を買えますしね。

ただ、投資信託を買う際は、銀行や証券会社の窓口にいって購入するのは手数料がえげつないのでやめましょう。

人がいたほうが安心、なんてお年寄りの方は騙されがちですが、彼らのお給料はその手数料から払われていることを肝に銘じてくださいね。

さて、私の現在の資産運用の実績はこんな感じです。

さて、前置きが長くなりましたが、さっそく今回の本題に入っていきましょう!

2019年12月度 投資信託の運用実績

さて、2019年12月の運用実績はこちらです。

総資産 577,216円

評価損益 +51,674円

利回り 約8.9%

かなり調子がよく運用できています。

日本、海外(アメリカ)問わず景気がよかったように思います。

個別の実績をだしてみると

SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ(年2回決算型)

+2,028円 (+10.48%)

ニッセイ 外国株式インデックスファンド

+20,536円 (+14.46%)

ニッセイ TOPIXインデックスファンド

+12,085円 (+8.66%)

eMAXIS 国内債券インデックス

+443円 (+0.75%)

eMAXIS 新興国債券インデックス

+4,362円 (+7.07%)

iFree NYダウ・インデックス

+12,220円 (+11.69%)

どれもプラスなのでまずまずの実績ではないでしょうか。

特に外国株式、NYダウがかなり調子がいいですね。

アメリカさまさまでございます。笑

ちなみに中小型は、楽天ポイントのみで運用しています。

現金の投資は一切ないです。

基本的に日本の株式・債券、外国の株式・債券の4つのセグメントに分けております。

簡単にいうと、株式と債券の値段の上下は反対に動くため、両方持つことでリスクヘッジができます。

また、日本と海外の景気の波は異なるので、これでさらにリスクが分散できます。

最近はあまり変わらない、との見方もありますが、投資のセオリーは分散投資ですので、僕は分散投資を貫きます!

ただ、リスクヘッジで債券はいれているものの、不測の事態に備えて毎月一定額は貯金するようにしていますので、そこまで比重は高めていません。

なので、債券の海外は若干リスクをとった製品を採用しています。

一方、最近はかなり株式の上昇トレンドではありますが、もしもの暴落時にはやはり債券需要が高まりますので、 リスクヘッジを兼ねて、国内債券インデックスの比重は今後あげる予定です。

中小型は完全に楽天ポイントを活用しているだけなので、アクティブファンドで少しリスクと手数料をかけて運用しています。

これはある程度利益がでたら売却して、別の投資の元手にするか、ちょっとした贅沢に使いたいと思っております。笑

楽天カードを使っていればそこそこポイントもたまりますし、月500ポイント以上の投資で楽天市場でのお買い物のポイントが+1倍になりますので、割のいい投資だと思います。

最近は、楽天カードで投資ができるようになって、投資信託を買うだけで1%のポイントが付くのですが、これはマジでお得!!!

月5万円まではカード決済が可能です。私もつい最近気づいたので、まだ引き落としをされている方は今すぐ変更しましょう!

考察

今後日本経済は東京オリンピックを境に落ち込みそうなので、債券の需要があがりそうなので、積立額を増やすことにしました。(月1万)

一方、アメリカはまだ伸びると考えているので、1月より楽天全米株式インデックスファンド(バンガードファンド、楽天VTIなどと呼ばれているもの)も追加で積み立てます!(月1万5千円)

本当は安いときに仕込みたいのですが、今後経済がさらに発展していくとしたら、いまが最安値という考え方もできるため、積み立てることにしました。

そうした機会損失を逃さないためにも、ドルコスト平均法での投資は理にかなっているとつくづく実感します。

まとめ

投資の運用報告しているやつが何いってんだ、という話ですが、

最近は政府の制度導入により、投資をしよう!という風潮になんとなくなっていると思いますが、まずは自己投資が大切だと強く感じます。

本業で成果を出し、それを副業に生かし、副業の利益を投資に回して、生活に余裕ができることで、本業を頑張れる。

私はいま上記の理想に向かって頑張りたいと思っております。

もし今回このブログを読んで、投資信託をはじめようと考えてくださった場合、『はじめての人のための3000円投資生活』『お金は寝かせて増やしなさい』などのベストセラーを読んで、投資のマインドを得ることをオススメします。

年金がやばい!投資しないとやばい!と世間の雰囲気に煽られて始めるのが一番危険だと思います。

私も月3000円からの投資生活を読んで、半年くらい3000円を積み立てていくうちに、何もしてないけどお金が増えてい充実感を得たから徐々に積立額を増やしました。

またお金は寝かせて増やしなさいを読んで、インデックス投資が最強なんや!と安心することができました。

https://basa-output.com/index-investment

(準備中)

たいていのひとは、インデックスファンドの値が下がり始めるとすぐに売却してしまうのですが、インデックス投資が最強な訳を学習することができます。

さて、運用報告から少し話がそれてきてしまったので終わりにしたいと思います!笑

それでは今回の運用報告はここまで!

また次の記事のよろしくお願いいたします!

Betmob&ブログ村に参加しています! よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ